顔のたるみ解消法

加齢にしたがって、顔はだんだんたるんで下に下がってきます。
目の下のポッコリふくらみも、あごの下のブルドックも、全てたるみからきています。
たるみがあると、実年齢より老けて見えてしまいますし、顔が一回り大きく見えます。
しかし、たるみが現れてしまったからといって諦めることはありません。
自らの努力次第で、もう一度ハリを取り戻すことができます。
まず、たるみの原因はコラーゲンの老化や減少です。
ですから、新たにコラーゲンを摂取することは必須です。
サプリやドリンクなどを摂取して、新たにコラーゲンを取り入れましょう。
また、顔にいらない水分や老廃物が溜まっていることもたるみの原因となるので、リンパマッサージも有効となります。
たるみの気になるところの真ん中に人差し指と中指を置き、少しだけ力を入れて外側へ滑らせます。
それを鎖骨へと下ろし、鎖骨を揉み解して終了です。
これで顔全体がすっきりするようなら、老化ではなくむくみが原因だったのかもしれませんね。
マッサージでもイマイチすっきりしないたるみなら、顔の筋トレが有効です。
おススメは、大きな口を開けて「あいうえお」から順に発音すること、「お」の口をして頬の筋肉を上に引っ張り上げる運動が簡単で即効性があります。